CHECK

会計ソフトと会計事務所の関係性とは?会計ソフトと会計事務所の基礎知識を解説

このサイトでは、会計ソフトと会計事務所の関係性を知ることができる、基礎知識を詳細に解説しています。
導入する際にはそのサポートを受けることが重要と言われることが多いのですが、このサイトではその理由を詳しく知ることができるほか、効率的な選び方なども詳細に解説しているので導入人は参考にしたい情報を数多く得ることができるのが特徴です。
特に様々な疑問を解決することができることや、導入までに事務所がやるべきことを知ることができるので、参考になる情報が数多く掲載されています。

会計ソフトと会計事務所の関係性とは?会計ソフトと会計事務所の基礎知識を解説

会計ソフトと会計事務所の関係性は非常に重要なものとなっており、その選び方によって会計ソフトを効果的に利用するとともに経営の改善に生かすことができると言っても過言ではありません。
しかし中には十分なサポートを提供することができない会計事務所もあるので、この点には注意が必要です。
これらの会計ソフトと会計事務所の関係における基礎知識を十分に知っておくことで、適切な選び方をすることが可能となるため、導入の際にはこの点を意識することが重要なポイントとなっています。

会計ソフトと会計事務所は連携可能

会計ソフトと会計事務所は、それぞれ連携可能となっています。
会計専任のスタッフを抱えられない事業者であっても、会計ソフトの導入を行えば、円滑な財務処理を実践することは可能になるものです。
会計ソフトの中には、クラウドサービスを使って活用を行えるものも多く見られます。
社内にサーバーを構築しなくても、手軽に経理業務のシステム化を実現することが出来るのです。
導入したソフトウエアと会計事務所は、必要に応じて連携可能です。
税務申告のタイミングでは、電子帳簿を元にした申告を行うでしょう。
会計士との連携を行えれば、税務申告に要する手間は大きく削減されるのです。
会計ソフトを導入する際には、電子帳簿保存法に適応しているかの確認を行うことが欠かせません。
ソフトウエアで作成された電子帳簿が、法的に問題ないものであることが大切となるからです。
導入事業者の中には、無料体験を提供するところも見られます。
使い勝手だったり、機能面が足りているのかだったりを、導入前に確認することが可能です。

会計事務所は会計ソフトの選定をサポートする

会計ソフトを選定する際には、自らの業務の進め方に合ったものを選ぶことが重要です。
しかし多くの経営者やシステム管理者はその知識に乏しいことも多く、最適な企業環境に合ったものを選ぶことが難しい場合も少なくありません。
このような場合には、会計事務所のサポートを得ることが非常に有効な方法となっています。
会計事務所ではその会社の経理の状況や会計の進め方などを確認し、これに合った会計ソフトを選定することが多いものです。
さらにこれにあたって自らがそのアドバイスをするための情報を安いものを選ぶことも多く、結果会計ソフトの使い方だけではなく様々な会計における効率化のためのアドバイスをすることができるようになる場合も少なくありません。
会計ソフトを導入する際にはまず相談をすることが重要であり、その際に効率化の内容や具体的な進め方を入念に打ち合わせることで、企業にとって最適な会計管理を実現することができるようになります。

便利な会計ソフトが増えると会計事務所の仕事は減る?

便利な会計ソフトが増えると会計事務所の仕事は減るかというと、結論としては減っていく傾向にあります。
言い換えればシステムによって淘汰が進んでいくと言うことになり、税理士や会計士にとっては厳しい環境になってくることは間違いありません。
資格さえ取っていれば大丈夫だという時代は終わり、日々研鑽が必要になってくるという感じになります。
会計ソフトは設定されたプログラムに応じて計算処理はしてくれますが、解釈などが必要な場合は人による対応が必要になってくるからです。
特に法的な判断が分かれるような税務処理や税務申告の場合、会計ソフトは正しく処理したとしても申請した人の手続きが間違えていればチェックする必要もあります。
そういった意味で会計事務所の仕事は計算では無く、チェック機能に変遷していくことになるでしょう。
また軽減税率などの要件や各種相談といった、コンサルティング業務の比率が高まっていくと予想されているのです。

会計ソフトに対する会計事務所の本音とは?

近年では多くの会社が自社で会計ソフトを導入し、様々な経理業務を行っているのが実態です。
これに対する会計事務所の対応は様々なものがありますが、多いのは料金面での対応やサービス内容での対応であり、これが十分に行うことができないと言うところも多いので注意が必要となります。
最近では会計業務を最新の条件に合わせて適切に行うことができる仕組みが整えられており、特にクラウド会計ソフトの場合には様々な条件を加味した上で様々な業務を正確に行うため、非常に便利なものとなります。
これに対して会計事務所にその業務を依頼した場合には、状況によっては迅速な対応をすることができないと言うことも少なくありません。
事務所側は利益を圧迫する要因と捉えることも多く、そのためこれらの会計ソフトの実態は非常に対応が難しいと考えている本音があります。
料金が安くまた自分で行うことから社内のお金の流れが把握することができるのも、メリットです。

クラウド会計ソフトがあれば会計事務所に直接行かなくてもOK?

クラウド会計ソフトを導入するメリットのひとつに、ソフトを共有できることがあります。
インストール型の会計ソフトの場合、会社にあるパソコンにしかソフトをインストールすることができません。
そのため、会計事務所のデータを共有したい場合は、インストールしたパソコンを持って直接事務所に出向く必要があります。
クラウド会計ソフトの場合は、インターネットブラウザからアクセスすることが可能ですので、会計事務所用のアカウントを作成することで、会計士が事務所でログインし、財務システム内のデータを確認することができるようになります。
財務状況を共有するため、わざわざ事務所に出向く必要はありません。
同じシステムを全員で参照することができれば、会議や財務指南もzoomやskypeなどのTV会議システムで行うことができます。
遠方の会計士に依頼することも可能ですし、チームのメンバーがテレワークをしていたとしても、わざわざどこかに集まって会議を行う必要はなくなります。
チーム内でのデータ共有にはとても便利です。

会計事務所を頼らずに会計ソフトを選ぶ利点

最近では様々な企業の会計業務を、会計事務所に頼らずに自ら会計ソフトを利用して行うと言うところも増えています。
その理由は経費を削減することができることが主なものですが、その他にも様々な理由があります。
重要な会計業務を外部に依頼する事は様々な情報が外部に漏洩するといったリスクを招くことになり、この点では問題が生じる恐れがある場合が少なくありません。
また、自社の経理状況が正確に把握できなくなってしまう恐れもあり、この点でも問題を生じてしまうことも多いものです。
近年ではクラウド型の会計ソフトも非常に多くなっており、この場合には導入費用がかからないと言うことや、様々なメンテナンスが自動的に行われるため安心して利用することができるメリットもあります。
特に中小企業の場合にはこれらの仕組みを管理する管理者が不在と言うことも多いため、様々なトラブルを招くことが少なくありません。
外部に委託するには費用が捻出できず、自前で行には人手が足りないといった場合であっても、クラウド型会計ソフトの場合には効果的に利用することができるのが利点となっています。

会計ソフトで業務効率化を図る場合は専門性の高い会計事務所を選ぶべき

会計ソフトは伝票作成や経費の確認などを行う際に非常に有効なツールとなっていますが、これを効果的に利用することで経費の節約など業務効率化を図るための参考材料にすることもできます。
実際のお金の流れを把握することができるので非常に効果的なものとなっていますが、実際に業務を見直す際には専門的な知識を持った会計事務所などのサポートを得ることが必要となるケースが少なくありません。
多くの会社では問題点が見つかっても、これをどのように解決すれば良いかわからないと言うことも多いものです。
会計ソフトで得た結果をもとに業務改善策を明確に打ち出すためには、熟練した専門性の高い会計事務所の協力を得ることが非常に重要です。
会計ソフトを導入する際には、サポートの内容にも十分に注意をして選ぶことが重要であり、同時にその内容を詳細に確認した上で自らの企業に役立つものであることをチェックすることが重要です。
会計ソフトは単純に会計業務を効率化するだけでなく、その他にも様々な効果があることを認識しておくことが大切です。

最新の会計ソフトを使うなら若い会計事務所がおすすめ

最新の会計ソフトを使う場合には、若い会計士のいる会計事務所を利用するのがおすすめです。
近年では会計の様々な仕組みも大きく変化しており、古い会計事務所では新たな仕組みに対応することができないことも少なくありません。
またその中にはソフトなどを利用せずに経験と知識から手作業で行っていると言う事務所もあり、この場合には導入サポートを依頼しても十分な対応を得ることができないと言うケースも多いためです。
近年では会計ソフトにも様々な新しい仕組みを備えているものも多く、これらが理解できない場合には十分に使いこなすことができません。
導入サポートを利用することでこれらの問題を解決することができると考えていることが多いのですが、そのサポートを行うためには最新の知識を得ていることが必要不可欠となります。
一般的に若い会計士の場合には新しい技術や情報を習得しており、会計ソフトの様々な仕組みも十分に理解していることから、安心して依頼することができるのがポイントとなっています。

歴史がある会計事務所でも会計ソフトのことをよく知らないケースもある?

会計ソフトは経理などの事務作業を効率的に進められるメリットがあります。
高度な専門知識を持たない人でも使いこなすことが可能ですが、一方でプロである会計事務所がソフトの機能や使い方を把握していないケースは珍しくありません。
長い歴史を持ち、社会的な信用も高い会計事務所が広く普及している会計ソフトの使い方を分かっていないのは信じがたい話ですが、ベテランが在籍する所は敢えてソフトを使わない傾向にあるのも事実です。
高いプライドがあり、仕事をコンピューター任せにはしないとこだわる姿勢を持つベテランは少なくありませんが、このような姿勢は時代の流れや顧客のニーズを理解していないと言わざるを得ません。
歴史が長い事務所なのに会計ソフトも使えない所は信用できないと思われるおそれがあり、社会的な信用を損なう原因にもなります。
使い方が分からないでは済まない話なので、ポリシーを曲げてでも会計ソフトを導入するのが賢明でしょう。

会計事務所がお勧めする会計ソフトの特徴とは?

会社を設立した経営者が最初に直面するのが資金調達の問題ですが、経営が軌道に乗った後は経理が大きな悩みになります。
また簿記などの実務経験が豊富なスタッフが確保できないときには、会計事務所を活用して確定申告に向けた準備をする必要があります。
一方で経理専門の社員がいても、記帳や伝票整理を手作業で行っていると人件費の負担が大きくなります。
そのために会計ソフトを推奨する会計事務所も多く、特にクラウド型の製品は導入しやすいので人気があります。
そしてシェアが大きな会計ソフトは使いやすく、アップデートも頻繁に行われていて信頼性が高い点も特徴的です。
更に電子申告にも対応しているソフトは、数多くの会計士が積極的に導入を推奨しています。
パソコンに加えてそれ以外の端末にも対応した製品は、場所を問わずに自由自在に使いこなせるのが魅力的です。
会計士とデータを共有できることが最も重要であり、経営に関する助言を受ける場合にも役立ちます。

会計事務所は会計ソフトの追加費用に関する説明をしなくてはいけない

会計事務所は、会計ソフトの導入における様々な作業を行うことになりますが、場合によっては当初の費用に比べその追加が発生すると言うケースも少なくありません。
この場合には事前に追加費用の説明を行うことが必要であり、様々なトラブルを未然に防ぐためにも大切なポイントとなっています。
小さな会計事務所の場合には特に、会計ソフトの設定は企業の要求に従ってそのまま行ってしまうと言うことも多いものです。
しかしその中には様々な費用が発生するものもあり、同時に会計ソフトのライセンスの追加等、月額の料金に影響するといったものも多いため注意が必要です。
顧客は様々な依頼をすることも多いのですが、これによって費用が増えたりまた様々な問題が生じる事は予測していないため、これらが発生すると大きなトラブルになることも少なくありません。
これらのトラブルを未然に防ぐためにも、追加費用が発生する場合には作業を行う前に適切に説明をすることが必要となります。

起業する時は会計ソフトと会計事務所の両方が必要になる?

会計ソフトと会計事務所は起業の際には欠かせない部分があるものです。
少人数で営む事業者であっても、会計ソフトと事務所があれば、財務管理に関する問題は無くなるからです。
業績が伸びない間は、経理専門のスタッフを雇えないのが実状でしょう。
月毎や年度末の決算をスムーズに行うためには、会計ソフトと事務所が必要になるのです。
会計ソフトの中には、クラウドサービスを使って活用できるものも存在します。
社内にサーバーを構築しなくても、手軽に会計システムを導入することが可能です。
会計システムを導入することは、リアルタイムに経営状況を把握することにも繋がります。
日々の営業活動が忙しいと、財務面で生じた問題を軽視しがちになるものです。
システム上で算出される数字を見れば、適切な活動を行う際の指針にすることが出来るのです。
会計システムと会計事務所を連携させれば、税務署への対応についても、自動化させることは可能になります。
起業を考える際には、会計システムの導入と、対応可能な事務所を見つけることも大切です。

会計事務所によっては会計ソフトの導入をおすすめしないこともある

会計ソフトは多くの会計事務所が導入をすすめるものとなっており、これによって効率的な会計業務を行うことができるものと考えられていることが多いものです。
しかし中にはその導入をおすすめしないこともあるので、十分に注意することが必要となります。
その理由にはいくつかが考えられますが、1つは会計事務所が様々な会計ソフトに対応していないと言うケースです。
特に古いところに多く、様々な業務を手作業で行ってきたことからこれらに対応していないと言うケースが考えられます。
もう一つは顧客の業務が会計ソフトでは十分に処理できないと思われるケースで、直接対応する方が効率的であると判断されることによります。
このような場合にはその理由を明確に確認するとともに、必要に応じて他のところに相談するといったことも有効な方法です。
必ずしも会計ソフトを利用したからといって業務が効率化されるわけではないため、理由50分に確認した上で最適な方法を選択することが重要です。

会計ソフトに慣れた後は会計事務所にアドバイスをもらわなくてもOK?

会計ソフトを導入した後自らある程度使いこなせるようになると、会計事務所にアドバイスをもらわなくても良いと思い込んでしまうことが少なくありません。
しかし会計ソフトを使いこなすことができるようになったからといって、その中から様々な問題点を抽出し改善を行うためには専門的な知識が必要であり、その面では十分な効果を得ることができないものです。
会計事務所は単純に会計ソフトの使い方や結果のアドバイスを行うだけではなく、得られたデータをもとに業務効率の改善や経営視点からの問題点等を指摘することもその役割となっています。
これらのサポートを受けることで現在の経営の問題点を抽出することができ、また具体的な業務の改善を行うための情報を得ることができるものとなります。
会計ソフトの使い方に慣れたからといって全て自分で解決することができると考える事は危険であり、私せっかくの効率化のチャンスを失うことにもなるので注意をすることが大切です。

会計ソフトに関する情報サイト
会計ソフトと会計事務所の関係性

このサイトでは、会計ソフトと会計事務所の関係性を知ることができる、基礎知識を詳細に解説しています。導入する際にはそのサポートを受けることが重要と言われることが多いのですが、このサイトではその理由を詳しく知ることができるほか、効率的な選び方なども詳細に解説しているので導入人は参考にしたい情報を数多く得ることができるのが特徴です。特に様々な疑問を解決することができることや、導入までに事務所がやるべきことを知ることができるので、参考になる情報が数多く掲載されています。

Search